デイトレードでのエントリーポイント

sdfsdfs88

みなさんはのトレードスタイルはどんなものですか。

私の場合、メインとしているのはスキャルピングとデイトレードですね。スイングはちょっと苦手でまだ初心者といったところです。長期間、決済や損切りをしないというのが私には我慢できないんですよね。もしトレードを長く続けるつもりなら、テクニカル分析やファンダメンタル分析がいくら出来たって、自分の性格合っていないと感じるようなトレードスタイルはやめた方が無難ですよ。

自分に合ってないトレードスタイルというのは精神的に苦痛なものです。第一、楽しいトレードが出来ないじゃないですか。もし、勝っていたとしても後で疲労感がどっと押し寄せることになると思います。そして、そのままずるずるとトレードを続けていたら、待ち受けているのは精神的な崩壊です。これではトレードなんてまともに出来っこありません。最終的に負けてしまうのがオチです。

ですからエントリーポイントを見つける前に、まずは自分にあったトレードスタイルというものを見つけ出した方がいいと思いますよ。私のバイナリーオプションの取引ブログの方でも紹介していますが、ここで私のエントリーポイントをいくつか紹介します。

以下は、私のデイトレードにおけるFX攻略のまとめです。

1、トレンドラインと移動平均線でそれぞれサポートかレジスタンスを確認したら順張りでエントリーする。

2、トレンドブレイクを確認した時にエントリーする。

相場に勢いがあるときだけエントリーします。例えば当日の高値安値を抜いてその後大きく上昇した時など、戻りポイントでエントリーするというものです。

3、ポリジャーバンドの上限か下限に触れ、その後中心線まで戻ってサポートかレジスタンスを確認した時にエントリーする。

4、一目均衡表の雲を突き抜けた時にエントリーする。

この場合、1本のローソク足で大きく抜いたような時は、エントリーせずに暫く様子を見ます。原則的に突き抜けるギリギリの段階で反発して、再度突き抜ける様子を見せ、突き抜けを確認した時点でエントリーします。

5、一目均衡表の雲が大きいと感じた局面で、雲に突入した時にエントリーする。

雲が厚く大きいと感じたような時に雲に突入したらエントリーします。突入後の1発目は高めの成功率です。突き抜け出来なかったときはすぐに決済します。

6、一目均衡表の遅行線がローソク足を抜いた時にエントリーする。

遅行線がローソク足を抜いた時点ですぐエントリーします。成功率は高めですが、細かく決済をすることが大切です。以上が私のデイトレードにおけるエントリーポイントですが、同じトレードをしたからといって必ずしも勝てるものではありません。トレードのスタイルは皆それぞれ違いますから、くれぐれも自分のトレードのスタイルを壊さないように、まあ、参考ぐらいに考えていただければと思います。  


中小型の株式
  • 割安な中小型の株式を専門に投資していた投資家が、投資先をそのような中小型の株式から交際優良株である商社に投資先を移しているというニュースが新聞に載っていました。

    私は、中小型の株式は配当も大型株に比べるといいので、私も小型の割安株式に投資しています。しかし、そのような有名投資家が中小型株から商社株に投資先を移したということは、何らかの変化が数年で日本にやってくるかも知れないと思い、私も有名な投資家の後追いですが配当金の利回りのいい商社株が安くなったら買おうと思っています。
カテゴリー


sfdssdf