FXで成功をする為にトレンドをチャートから読み取る

sdssfsdf88

FX取引で成功をする為には、チャートを読み取る事が出来るとトレンドを読む為には非常に役に立ちます。トレンドとは相場が上昇や下落の流れとなった時にトレンドに入ったと表現をされます。相場というものは一度その流れに入ると暫くその流れが続く傾向がある事から、このようなトレンドを見る事で今後の流れを予想する事が可能となるのです。トレンドには上昇トレンドと下落トレンド、それ以外の相場となるもち合いにの3つのパターンによって形成されています。そのトレンドの流れを知る為には、トレンドラインを引く事で初心者の方でも大体の流れを予測する事が出来るようになるようです。

具体的には、1日の相場の動きをチャートで表すには「ローソク足」というものが使われています。このローソク足には一日の内の高値と安値とその値動きを表していますが、その中の安値のどうしを直線で結ぶ事で上昇トレンドのラインを引く事が出来ます。また、高値どうしを直線で結ぶ事で下降トレンドを引く事も出来ます。このラインを参考にする事でトレンドを読み取る事が用意となります。ローソク足に関するブログはこの比較中心で初心者でも分かりやすい構成ウェブページから!

出典: エンベロープ.com

その他にもトレンドを読み取るには、移動平均線を利用する事が必要となります。1日の相場の内の終値を結んで一定期間で見たラインを言います。このラインの期間には5日から25日や50日と短期だけでなく中期や長期まであります。一般的に短期の移動平均線が長期の移動平均線を右肩上がりに超えた時を買いサインとして「ゴールデンクロスと言われるチャートとなります。またその逆のパターンとなると売りサインとなります。それでも時には「だまし」と言われる疑似的なチャートとなる事もあるので、十分に見極める必要があるようです。それでも見極めが出来るのはFXの中級以上と言えるので、初めの内は明らかにトレンドラインに入ったと判断が出来る時に、買いや売りの行動を起こすようにした方が良いと言えるでしょう。

こういった相場の変動は通貨国の情勢や経済状況が顕著に影響をするものですので、チャートを見る事と同時にその国のニュースに耳を傾ける事も必要と言えます。これから相場が上昇しそうな明るいニュースがある時、国の産業に打撃を受けた時や紛争があった時は勿論ですが、要人の発言でも直ぐに相場に繁栄をされる事が多いので、特にニューヨーク市場が動く夜間の相場やニュースに注目をしたいものです。 XEマーケットでは、リアルタイムのインタラクティブチャート、30種類以上のテクニカルチャートなどが揃っており、操作がし易い設計になっています。キャンペーン内容も充実しており、XEMarketsのハイロー予想キャンペーンなども開催しています。


中小型の株式
  • 割安な中小型の株式を専門に投資していた投資家が、投資先をそのような中小型の株式から交際優良株である商社に投資先を移しているというニュースが新聞に載っていました。

    私は、中小型の株式は配当も大型株に比べるといいので、私も小型の割安株式に投資しています。しかし、そのような有名投資家が中小型株から商社株に投資先を移したということは、何らかの変化が数年で日本にやってくるかも知れないと思い、私も有名な投資家の後追いですが配当金の利回りのいい商社株が安くなったら買おうと思っています。
カテゴリー


sfdssdf