移動平均線からテクニカル分析を学びましょう

sdfsssdf88

FXとバイナリーオプション攻略のまとめ:移動平均線は、テクニカル分析において最も基本的な指標となります。特に初心者の方にとっては、最低限これを踏まえていなければ、まず大きく利益を上げようとしても難しいことになってしまうでしょう。

移動平均線自体は簡単なもので、ようするにある期間内における値の平均値です。これをさまざまな期間からとらえることで相場の動きを判断する材料とするわけです。

その種類としては、長期のものだと200MA、100MA、90MA、中期以下になると75MA、45MA、30MA、25MA、20MAなどがよく用いられます。

一般的には、長期であればあるほど変動はゆるやかに、短期であればあるほど変動は激しいものとなります。

これらの向きがどちらを向いているかによって、たとえば長期の移動平均線が上向きになっていれば、相場の長期的なトレンドは上昇傾向であることが分かりますし、短期の移動平均線が下向きであれば、短期のトレンドとしては下降傾向であることが一目で分かるわけです。

これらの移動平均線は、短期と長期など、時間足ごとによって大きく異なる動きを見せることもよくあります。たとえばある時間足で激しい変動の後に静かになったりすることがあれば、そのとき別の時間足では移動平均線に接触しているということを推測することができます。

また、移動平均線は上昇からの下降、下降からの上昇といった転換点、つまりサポートやレジスタンスになることも多く、それだけ多くのトレーダーがその動きに注目し、エントリーポイントや決済をそこから判断しているということが分かると思います。

このように移動平均線は、トレードのスタイルや分析方法などからさまざまに取捨選択され、また組み合わせながら、テクニカル分析の基本となっているのです。

FXを初めたばかりではまだ、複数の時間足からさまざまな要素を判断することは難しいでしょう。しかし、基本である移動平均線だけでも複数の時間足でチェックすれば、必ず役に立つはずです。

初心者の方は、ぜひおぼえておいてください。FXやバイナリーオプションとは何かを考える時、テクニカル分析無しに話は始まらないのです。


中小型の株式
  • 割安な中小型の株式を専門に投資していた投資家が、投資先をそのような中小型の株式から交際優良株である商社に投資先を移しているというニュースが新聞に載っていました。

    私は、中小型の株式は配当も大型株に比べるといいので、私も小型の割安株式に投資しています。しかし、そのような有名投資家が中小型株から商社株に投資先を移したということは、何らかの変化が数年で日本にやってくるかも知れないと思い、私も有名な投資家の後追いですが配当金の利回りのいい商社株が安くなったら買おうと思っています。
カテゴリー


sfdssdf